二重まぶたにすると

一重まぶたが原因で、目つきが悪く見えるのではないかと、悩む人は少なくありません。

そんな時に、有効なのが、美容外科でのプチ整形です。

二重まぶたにする施術は、5万円から10万円程度で手軽に施術を受ける事ができます。

現在は、アイプチなど、自力で二重にする方法もありますが、その場合、まぶたが伸びてしまう可能性もあります。

それに対して、プチ整形であれば、まぶたが伸びる心配もありません。

まぶたを糸で留めるだけなので、施術は15分程度で、終わるとすぐに家に帰る事が可能です。

まぶたで悩むのであれば、プチ整形を考えてみるのがお勧めです。
 


二重まぶたでコンプレックスも解消できます

一重まぶただと、目つきが悪い印象がありますが、二重まぶたにする事によって目元が華やかな印象にもなり、お化粧も楽しくなります。

目つきが悪い事で、イメージも変わってしまい暗い印象やにらんでいるなど、悪いイメージばかりですが二重まぶたにする事によって、明るい印象にもなり最近ではとても簡単にクイック法などの埋没法で、きれいな自然の二重が出来るのもメリットです。

日本人に多いとされる一重まぶたが二重まぶたに変わるだけで、目の大きさが変わり目力がでるので初対面の方には、良い印象にもなり若々しくなるなどといろいろなメリットも沢山あります。


やわらかい目つきの目とは

二重まぶたの人できつい目つきの人はあまりいません。

一方、まぶたにラインが全くなく、きれいな一重まぶたの人は、涼やかでさっぱりとした魅力を持ちますが、時として視線の鋭さが出てしまうことがあります。

一重まぶたの人の多くは、まぶたに脂肪が多く厚みがあるため、黒目の上側の一部を隠すかたちになり、表情によっては睨んでいるように見えることがあります。

二重まぶたの場合は、まぶたが二重のラインに入り込み上がりやすくなるので、黒目全体を見せることができ、やわらかい視線になります。

目つきはまぶただけでなく、つり目やたれ目にも左右されます。

最も真逆の位置にあるのが、つり目の一重まぶたとたれ目の二重まぶたです。目つきでいうと前者は最もきつく、後者は最もやわらかくなります。

まつげを利用したりアイメイクを工夫して、それぞれの魅力を最大限に引き出しましょう。